美肌はとってもデリケート

人によっては、シミに出やすいタイプの肌があります。

詳しく言いますと、人が羨むような白くてきめの細かい肌のことです。

見分けるコツとしては、太陽の日差しで肌が焼けた時、赤くなってしまうタイプの人です。

美肌はとってもデリケートに出来ています。

乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などがヨーグルトは豊富です。

乳酸菌は腸内環境を整え、健康で潤いのあるお肌を作ります。

ビタミンBはエネルギー代謝を高め、お肌の生まれ変わりを助ける欠かせない栄養素です。

そして、フルーツ酸には皮膚の一番外側にある角質層をゆるめ、角質層がはがれるのを助ける役割を持っています。

このような栄養素を摂ることはお肌のシミ、くすみを防ぎ、改善する効果を狙えます。

ヨーグルトはシミ対策のために、毎日食べたいものです。

困ってしまうことに、肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢をグッとあげてしまうのです。

そもそもシミとは何なのかに着目すると、表皮に現れたメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。

お肌のターンオーバーを活性化できれば、シミの軽減が期待できるのですが、家庭やクリニックでピーリングを行い、古くなった角質を除去すると、さらに効果がアップします。

でも、ピーリングで角質を落としすぎるとお肌の負担となってしまう危険性もあります。

個人差はあると思いますし、これはあくまで私個人の主観ですが、シワが顔と一体化し、顔の一部になる年齢は大体38歳だと思っています。

このくらいの年齢になると、本当に身体の疲れがなかなか取れないことを自覚するようになりますし、クマとかほうれい線あたりの老けてみえるアイテムが顏の中で急激に目立ちはじめたりもします。

こうなる前は、一日が終わって肌がすごく疲れていても、サエルのトライアルセットで適切にケアしてやれば次の日の朝には疲れがとれていたと思います。

でも、38歳以降肌がいい状態に戻るのに、少し時間がかかるようになり、ずっと疲れたままになっていることが増えてきたように感じています。

シワの対策として、簡単で、効果の高さが期待されているのはやはりパックでしょうか。

一日の終わりにパックをしながらスキンケアの時間を過ごす安らぎの時間ですね。

パックを自分で作ってみても楽しいでしょう。

作り方はかんたんです。

市販のプレーンヨーグルトに小麦粉を入れて、お好みの固さに調整しお肌にのせたら少し休みましょう。

冷たいヨーグルトが毛穴を引き締め、また保湿効果がありますからシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

シワが加齢によって増えていくのは仕方ありませんが、若いのにシワが多い、という人も確かにいます。

どうしてシワができるのかというと、一番大きいと考えらえれているのが乾燥になります。

肌が水分不足になってしまうと、乾燥状態になり、シワはこうやって増えていくわけです。

例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、他の部分に先駆けて、小ジワが出てきてしまうようなのです。

それから、加齢に伴ってコラーゲンやヒアルロン酸といった、皮膚の張りを保つための成分が足りなくなっていくので、これもシワ、そしてたるみが起こる大きな原因です。

みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、シミやソバカスのないお肌を作るためには、食べてほしいものの一つです。

ただ、食べ方には注意しましょう。

紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、かえってシミができやすいお肌になってしまいます。

きれいなお肌をつくるために、みかんは夜食べるのがおすすめです。

全身至る所に血管は走っており、身体の表面を覆う皮膚のあらゆる部分を毛細血管はカバーしています。

毛細血管は、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、細胞からでる不要の老廃物を排出するためのパイプでもあります。

大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。

そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。

表皮に栄養がいかなくなれば、表皮は当然弱くなり、本来持っているバリアとしての役割が果たせなくなり、表皮に守られているべき真皮も、ダメージを受けて弱り、その働きを弱めます。

このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、しわやたるみが増えてしまうのです。

肌のことを考えるのなら、サエルのトライアルセットを使ってみるだけでなく、ぜひとも禁煙する方が良いのです。